FXのレバレッジには夢がある

投資や投機に興味は持っていますが、まだ挑戦していません。初心者が簡単に利益を出せるものではないと考えているからです。しかし、FXには夢があるとわかりました。なぜなら、レバレッジでのトレードが可能だからです。そのため、少ない資金でも場合によっては大きな利益を生み出せる可能性を秘めています。国内の業者では25倍が最大のレバレッジですが、これでも十分にチャンスはありそうです。

FXといえば、やはり、レバレッジを利用して、少ない自己資金で取引できるということが魅力だといえます。しかし、このレバレッジのために、意に反して、大きな損失を出してしまうことも問題視されていました。そして、証拠金を追加することが必要になり、お金を借りるような事態になってしまう人もいたのでした。

そんなことから、今では、レバレッジは最大で25倍までとなっています。
これは、FX取引をおこなう人たちを保護するという目的から定められたものです。
FX取引に限らず、どんな取引においても、誰もが欲を出してしまいがちです。
その結果、高いレバレッジを利用して、大きく稼ごうと考えるのです。
そして、思うような結果にならないと、大きな損失を出してしまうのです。
しかしながら、

国内のレバレッジ規制の影響を受けないのが海外FX業者の魅力です。レバレッジ倍率は高いに越したことはありませんが、高ければよいというわけでもありません。 海外FX業者の中には1000倍もの倍率を提供している所もありますが、これほどのハイレバレッジ倍率はリスクが高すぎて誰も利用しないでしょう。せいぜい200~400倍程度のレバレッジ倍率があれば十分です。
出典>>海外FX業者ランキング

FX取引といえば、大きく稼ぐことができた人のことだけが注目されがちです。しかし、損失を出した人たちも大変なのです。レバレッジが最大25倍となったことで、救われている人たちも多いと考えるといいでしょう。

しかし、レバレッジはチャンスがある一方でリスクも高いです。予想したポジションと逆行してしまった場合、ロスカットされてしまいます。ですから、簡単に勝てるものではありません。資金に合わせてベストなレバレッジでのトレードが勝てる秘訣だと思うので、FXに挑戦する場合はレバレッジを探りながらになりそうです。

FXを学ぶためには実践が一番だと思っています。しかし、自信を付ける前に資金を失ってしまうのは虚しいので、まずはデモトレードから始めることを検討しています。

FXを突き詰めると、ある勢力とある勢力の戦いであり、その戦いが最も白熱するのが抵抗線や経済指標発表時です。

そして、ある通貨のある時間帯では抵抗線がなくても、別の通貨では抵抗線が出ている場合があり、それが破られると一気に上昇や下落する事があり、その動きに同調して動くのです。
これらを考えると、FXを分析するのは本当に不可能だと思います。

しかしそれでも私はFXから離れる事は出来ません。それはきっと根っからのギャンブラー体質なのでしょう。

FXは投資でギャンブルではありませんが、生きている事が賭け事の様なものなので、その中でもFXは公平性があるので一番信用出来るギャンブルです。抵抗線の攻防などはとてもスリリングで、見ているだけでも面白いと言えます。

大きく勝てて、大金を稼げれば嬉しいのですが現実には、なかなか難しいです。しかしそれでもFXには、現実社会では体験できない夢や希望があります。

やり続ける事で何かを掴めると信じて、それまでは大損しないように頑張ります。

荒れ相場が落ち着いたかと思ったのにまた再開?

新年から中国のことで相場が荒れて今は3月の半ば。
3月に入ってようやく落ち着きを取り戻しました。

下落していた原油価格に持ち直しの動きが出て、人民元の切り下げもなくなり、クロス円にリスク回避の巻き戻しの動きが出るようになりました。

FXでトレードしたい通貨は、ドル円と豪ドル円。ユーロ円やポンド円は値動きが派手なのと証拠金が高いという理由で避けて、ずっと2つだけに絞っています。

ドル円は値動きが大人しい印象を持っていたけど、アメリカが利上げに踏み切ってから結構激しく動くことが増えました。

ドル円、怖い。じっとしていたかと思えば、目を離せば1円近く動いていたなんてことも。

豪ドル円は中国のことで荒れたとき、怖くて手も出せなかったけど3月からは安定して何とかできるようになりました。

よかった♪と安心したけど、束の間でした。

3月半ばに入ると、今度はドル円主導の下げに巻き込まれて、短時間に1円近く下げて1円近く戻す派手なパフォーマンスをしました。

そのとき運よくトレードしていませんでした。
やってないからよかったけど、やっていたらと思うと巻き込まれていた可能性があります。

為替取引が株式よりもはるかに難しい

投資を始める方のほとんどが初めにFXに興味を持つと思いますが、実は株式投資よりもFXの方が遥かに難しいのです。

確かにFXはレバレッジが最大25倍と小さな証拠金で大きな資金を運用することができ、また24時間取引できるので、仕事が終わった夕方からチャートを見ながら注文を出すことが可能です。

また取引している通貨の数も少ないので何千も銘柄がある株式よりは簡単に見えるでしょう。
しかし株式はそれを発行している企業に対して投資をすることになるので、その企業が成長を続けている限りは株価は上がり続けますし、配当ももらえます。

株主は株式を保持している限り、みな同じように利益を得ることができるわけですが、為替取引においては長期に保有していれば、利益が出るものではありません。

というのも投資対象が会社ではなく、通貨になります。

もちろんその国の経済力が強ければ、通貨安になれば利益を上げることは可能ですが、実際にはこの為替レートで通貨のやりとりの他、輸入や輸出、債権などもからんでくるため、外部要因が多すぎるのです。需要関係で動く部分が大きく、取引する人間の心理的要因が大きいので、時として予想よりも大きく変動することがあるのも特色です。

また中央銀行による為替介入、重要人物の発言、政策金利の変更、経済指標の変動など、外部圧力もあり、市場原理だけでは方向性が決まらず、プロの投資家でも将来の方向性がはっきりわからないほどです。

またユーロやドルなど他の基軸通貨の影響も受けるので、株式のように投資対象が成長を続けていても、通貨高になったりもあります。
そして誰かが得をすれば、必ず誰かが損をするゼロサムゲームです。

したがって運用は短期的かつ投機的になりやすく、機関投資家も個人投資家も一日のうちに何度も短期売買を繰り返し利ざやを得ているのが実情でしょう。

したがって為替取引で利益をあげ続けるというのは株式投資よりも遥かに難しいと思います。

スワップポイントでロスカット!

基本的な手法は、ユーロドル、ポンド円、各通貨ごとに買いと売りの両建てなのだが、すんなりと約定しない塩漬けポジションが去年から結構たまってきていた。

約定できなくて溜まっているポジションは毎日スワップポイントがマイナスになっているが、日々短期売買でスワップポジションマイナス分を相殺しているのであまり気にはしていなかった。

だが今年に入ってポンド円の動きが激しく、短期売買の成績が悪く(マイナス続き)両建てポジションも増すばかり・・・週末ともなるとスプレッドの開きが大きくなり維持率が格段に減ってしまうという・・・

ポンド円の大きな波にのり大きく稼ぐ!なんて1発勝負に出たはいいが見事に逆行!大きなマイナスで維持率も200%以下に!

1週間もすれば転換するだろうと週明けから放置していた。

だいたい水曜日、木曜日あたりに1度転換があるだろうと油断していた木曜日の朝・・・ポジションがない・・・そう、木曜日はスワップポイントが3倍になるためスワップポイントマイナス分でロスカットされていた!

そしてロスカット後に転換している・・・悔しいを通り越して悲しすぎる・・・。

スプレッドの脅威

FXについて、にわかに興味が出てきたので少々足を突っ込んでみた。
何も分からないうちにリアルマネーを投入するのは危険なので、デモトレードから開始。探してみると口座をわざわざ開かなくてもデモンストレーションができるサイトやアプリがあり、やはりまずは一番とっつきやすい米ドルの取引から。

円安になりそうなら買い、円高になりそうなら売る。単純なようで非常に難しい。なかなか思うような利益が出ない。

何故なら新規の注文を入れたところでスプレッドが発生してるので、それが埋まらなければマイナスから脱出できないのだ。

スプレッドとは各証券会社が指定する手数料みたいなもの。日本の証券会社で取引を行おうと思うと当たり前にあるもの。米ドル取引のスプレッドは0.3銭と置く会社が多いが、たかが0.3銭と侮るなかれ。
米ドルの表示はほぼ0.000円刻み。

1円の重み、1銭の重みが身に染みてくる。予想が外れた時のそれは恐怖の極みでしかない。

しかもスプレッドを低価格で固定してる会社はないだろう。短時間で上手く売り買いの波に乗れ一気に大きな利益を取れそうな時には、スプレッドも一気に大きくなっているのだ。

少額から投資できるFX。私が一番初めに嵌った投資の罠が「スプレッド」であった。